ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

フェリー会社「久高海運」の特徴



久高海運は、沖縄本島の安座真(あざま)港と久高島を結ぶ航路を運航しています。久高海運は、沖縄本島と久高島までの定期航路として利用されています。ここでは、久高海運の特徴について紹介します。

久高海運の航路

久高海運の航路

久高海運の航路は、沖縄の安座真港から久高島を結ぶ定期航路を運航しています。就航しているのはフェリーと高速船です。久高島は、沖縄の南部にある知念岬から東方に6kmの位置にある離島で、島の全長は3km程しかなく、平坦な地形で南北に細長い形をしています。首里王朝時代には、国の祭祀をつかさどる重要な役目を果たす島でした。沖縄の周囲にある島々のなかで、神の島と呼ばれており、パワースポットとしての人気が高く、多くの観光客が訪れています。また、ダイビングスポットとしても有名で、ダイビングを目的に久高島に訪れる人も増えています。そんな久高島と沖縄本島を結ぶ海上航路として、久高海運は利用されています。

久高海運の船舶

久高海運の船舶は、高速船の「ニューくだかⅢ」と、フェリーの「フェリーくだか」です。平成21年8月に就航した「ニューくだかⅢ」は、総トン数19トン、航海速力は24ノットで、旅客定員は80名です。安座真港から久高島までの所要航行時間は、約12~15分です。

平成14年2月に就航した「フェリーくだか」は、総トン数49トン、航海速力は14ノットで、旅客定員は80名、車両積載台数は4台です。安座真港から久高島までの所要航行時間は、約20~25分です。「フェリーくだか」は、船首にランプウェイのある短距離フェリーで、車両甲板の後ろに客室があります。客室には椅子席が設置されています。

久高海運の運賃

久高海運の旅客運賃は、高速船の「ニューくだかⅢ」では、大人片道740円、往復1,410円です。小学生以下の小人は、片道370円、往復710円です。

「フェリーくだか」は、大人片道650円、往復1,240円です。小学生以下の小人は、片道330円、往復630円です。「フェリーくだか」の往復乗船券を購入している場合は、復路を高速船に乗り換えることもできます。その際の追加運賃は80円となります。

車両運賃は、車両の長さによって違います。3~4m未満では、片道4,500円、往復8,550円です。4~5m未満は、片道6,000円、往復11,400円です。5~6m未満では、片道8,000円、往復15,200円です。6~7m未満では片道12,000円、往復22,800円です。積載できるおもな車両は、軽自動車や普通乗用車で、重機車両の運賃は2倍となります。車両運賃には、運転手1名分の旅客運賃を含んでいます。