ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

フェリー会社「久米商船」の特徴



久米商船は、沖縄県の那覇港と渡名喜島を経由して久米島の兼城港を結ぶ航路を運航しています。ここでは、久米商船株式会社が運営する、久米商船の特徴について紹介します。

久米商船の航路

久米商船の航路

久米商船は、那覇港の泊埠頭から渡名喜島と久米島に定期航路を運航しています。

渡名喜島は、沖縄本島の西に浮かぶ小さな島で、島の周囲は12.5kmで人口は500人程です。那覇港の泊埠頭から渡名喜島を経由する運航ルートでは、平日は1日2便の内、1便だけが渡名喜島に寄港し、土日祝日は2便が渡名喜島を経由しています。

人口約1万人、面積59.11平方キロメートルの久米島は、沖縄本島から西に約10kmの地点に位置する離島で、日本で最も西に位置する島として知られています。久米島は、ダイビングスポットとして有名な島で、毎年夏の観光シーズンには多くの観光客が訪れています。久米商船は、久米島までの航路を1日に午前と午後の2便を運航し、午前便は途中の渡名喜島に寄港しています。ただし、ゴールデンウィークと8月以外の月曜、さらに船がドック入りする際には、1日1便午前だけの運航になります。

久米商船の船舶

久米商船の船舶は、「ニューくめしま」と「フェリー琉球」の2隻です。「ニューくめしま」は、総トン数679トン、速力は16.5ノットで、旅客定員は337名です。所要航行時間は、久米島直行便で、約3時間15分、渡名喜島経由の便で約4時間です。

「フェリー琉球」は、総トン数1,188トン、速力は19ノットで、旅客定員は350名です。所要航行時間は、久米島直行便で約2時間50分、渡名喜島経由の便では約3時間20分です。船内の客室は椅子席で、屋外デッキにも長椅子が設置されており、航行中にイルカやクジラに出会うこともあります。白い船体にブルーの文字で「KUME LINE」と描かれているのが特徴です。

久米商船の運賃料金

久米商船の旅客運賃は、那覇から久米島まで大人は片道3,300円、小人は1,650円です。往復割引運賃は、大人で6,270円です。

那覇から渡名喜島までは、大人は片道2,620円、小人は1,310円です。往復割引運賃は、大人で4,970円です。

渡名喜島から久米島までは、大人は片道1,100円、小人なら550円です。往復割引運賃は大人で2,090円です。

久米商船のフェリーは車両も積載することができます。那覇から久米島までの車両運賃は、3m未満で11,740円、4m未満で14,550円、5m未満では18,800円で、車両運賃には運転手1名分の旅客料金が含まれています。また、車両の乗船には予約が必要となります。