ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

フェリー会社
「宇和島運輸フェリー」の特徴



宇和島運輸フェリーは、宇和島運輸株式会社が運航するフェリーで、愛媛県と大分県を2つの航路で結んでおり、風光明媚な景色も楽しめることから観光などの利用も多いです。ここでは、宇和島運輸フェリーの特徴について紹介します。

宇和島運輸フェリーの航路

宇和島運輸フェリーの航路

宇和島運輸フェリーが運航するのは、愛媛県の八幡浜港と大分県の別府港を結ぶ航路と、八幡浜港と大分県・杵臼(きねうす)港を結ぶ2つの航路があります。

八幡浜~別府は、一日6往復しており、標準所要時間は、2時間50分です。八幡浜0時20分発の深夜便も運航しており、3時10分に別府に着いたあと、5時まで船内休憩を取ることができるのでドライバーの休憩にも便利です。八幡浜と杵臼間は一日7往復(ただし土・日曜は減便あり)しており、標準所要時間は2時間25分です。

宇和島運輸フェリーの船舶

就航船には「えひめ」「おおいた」「さくら」「あかつき2」などがあります。

「えひめ」は、総トン数2494トン、全長115mで、旅客定員は610名です。車両の積載台数は乗用車換算で150台となっています。3階デッキにはスカイラウンジや乗船記念撮影スポットがあるので、乗船することがひとつの魅力となっています。

「おおいた」は、総トン数2453トン、全長115mで、旅客店員は535名です。車両の積載台数は「えひめ」と同じく乗用車換算で150台となっています。

すべての船舶の客室の種類は、特等客室、1等客室、2等客室の3種類です。特等客室にはベッドの他にソファや化粧台などもあり、貸し切りとなります。1等客室は8名までの小部屋、2等客室は自由席です。売店でお土産とおつまみ、飲み物が購入でき、毛布を有料で借りることもできます。

また、船内では無料Wi-Fiでのインターネット、及び有料レンタルでiPad2が利用できます。バリアフリー対応として、就航船により車椅子の貸し出しサービスがある他、スロープウェイ、小児用施設も備え、幅広い層のニーズに対応しています。

宇和島運輸フェリーの運賃と多彩な割引

宇和島運輸フェリーは、旅客と自動車、二輪車が乗船できます。主な運賃は下記の通りです。

八幡浜と別府間の運賃

料金は、例外規定や運賃の見直しなど変更されることがあるので乗船時に確認が必要です。

大人3,020円~8,500円(2等客室~特等客室)で、小学生は半額、1歳以上~小学生未満の幼児は、2等客室を個人で利用の場合のみ無料となります。車両運賃は、長さ3m未満の自動車は7,820円で、以降1m増すごとに追加で運賃がかかります。また、自動二輪は2,000円、自転車は1,000円です。

運賃の割引

宇和島運輸フェリーは、様々な割引や旅行会社と提携するパック商品を用意しています。主な割引には、往復割引10%やインターネット予約割引5%、お遍路割引20%などがあります。

パック商品には、アフリカンサファリなどテーマパークの入園券とフェリーの往復乗船券がセットになったものや、九州各地のホテル宿泊とフェリーの往復乗船券をセットにした「ビジネスパック」など多数揃えているのが特徴です。