ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

フェリー会社「マルエーフェリー」の特徴



マルエーフェリーは、東京や阪神、鹿児島から沖縄までを結ぶ航路を運航しています。マルエーフェリーを運営しているのは、マルエーフェリー株式会社です。設立は1953年12月1日です。ここでは、マルエーフェリーの特徴について紹介します。

マルエーフェリーの航路

マルエーフェリーの航路

マルエーフェリーの航路は、東京港から鹿児島県の志布志港を経由して、奄美大島の名瀬港から沖縄県の那覇港までの航路と、神戸港から大阪港、名瀬港を経由して徳之島の亀徳港、沖永良部島の和泊港、与論島の与論港から那覇港を結ぶ航路を運航しています。さらに、鹿児島新港から奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島、沖縄県の本部港を経由して那覇港までの航路も運航しています。本土と沖縄を結ぶ長距離フェリーとして利用されています。

マルエーフェリーの船舶

マルエーフェリーの船舶は、就航する航路によって違います。東京から沖縄までの航路に就航しているのは、「飛龍21」です。総トン数は9,255トンで全長は167m、旅客定員は92名です。船内には、バス・トイレが完備された1等客室が2室、シャワー設備とトイレが完備された2等寝台が18室、2等洋室が13室あります。船内設備は、レストランやシャワールームなどがあります。

神戸港から沖縄を結ぶ航路に就航しているのは「琉球エキスプレス」です。総トン数6,266トン、全長は145.62mです。船内の客室は、ツインベットとシャワー、トイレが完備されている1等のデラックスが2室、2等寝台のキャビンAが5室、2等洋室のキャビンBが8室、2等和室のキャビンが2室あります。船内設備として、シャワールームや自動販売機コーナーがあります。

鹿児島から沖縄航路に就航しているのは「フェリーあけぼの」と「フェリー波之上」の2隻です。「フェリーあけぼの」は、総トン数8,083トン、旅客定員は682名です。客室は、特等から2等和室まであります。「フェリー波之上」は、総トン数8,072トン、旅客定員は707名です。船内には、特等から2等和室までの客室があります。

マルエーフェリーの運賃

マルエーフェリーの旅客運賃は、航路や客室によって違いがあります。東京から沖縄航路では、1等が大人49,500円、2等寝台Aが32,000円、2等は20,800円です。神戸から沖縄まででは、1等は39,600円、2等寝台Aが26,800円、2等は20,800円です。鹿児島から沖縄では、特等が36,500円、1等は29,400円、2等寝台Aは21,200円、2等で15,200円です。

車両運賃は、航路や車の長さによって違います。東京から沖縄までは、乗用車で3m未満は58,600円、4m未満は74,800円、5m未満は91,000円、6m未満では107,200円です。車両運賃には、運転手1名分の2等旅客運賃が含まれています。

マルエーフェリーには、「一般往復割引」や「島発往復割引」の他に、学生割引や団体割引などがあります。