ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

フェリー会社
「フェリーさんふらわあ」の特徴



白い船体に太陽のイラストが描かれている「フェリーさんふらわあ」は、関西と九州を結ぶ航路を運航しています。運営している株式会社フェリーさんふらわあは、商船三井の子会社であった関西汽船とダイヤモンドフェリーが合併して2011年10月3日に設立されました。ここでは、「フェリーさんふらわあ」の特徴について紹介します。

フェリーさんふらわあの航路

フェリーさんふらわあの航路

フェリーさんふらわあの航路は、大阪港から大分県別府市の別府港を結ぶルートと、神戸港大分港を結ぶルート、大阪港と鹿児島県の志布志港を結ぶ3航路を運航しています。大阪から別府までの航路は、関西汽船が運航していた航路で、神戸から大分、大阪から鹿児島までの航路は、ダイヤモンドフェリーが運航していた航路です。

大阪港から別府港までは、1日1便が往復しており、大阪南港コスモフェリーターミナル19時5分発に乗船すると、瀬戸内海を航行して翌朝6時55分に別府港に到着します。神戸港から大分港までのルートは1日上下各1便が運航されています。神戸港19時発に乗船すると、瀬戸内海を航行して翌朝6時20分に大分港に到着します。大阪から鹿児島までのルートでは、1日上下各1便が運航されています。大阪南港かもめ埠頭17時55分発に乗船すると、高知沖の太平洋を航行して翌朝8時55分に鹿児島の志分志港に到着します。ただし、この発着時間は、曜日によって多少異なります。

フェリーさんふらわあの船舶と運賃

豪華な設備を持つ長距離フェリーとして知られている、フェリーさんふらわあの船舶は、運航航路によって異なります。

大阪から別府までの航路に就航しているのは、「さんふらわああいぼり」「さんふらわあこばると」の2隻です。共に総トン数9,245トンで、旅客定員は710名です。車両積載台数は、トラック100台、乗用車100台です。

神戸から大分までの航路に就航しているのは、「さんふらわあごーるど」「さんふらわあぱーる」の2隻です。共に総トン数は11,380トンで、旅客定員は780名です。車両積載台数は、トラック147台、乗用車75台です。

大阪から鹿児島までの航路に就航しているのは、「さんふらわあさつま」「さんふらわあきりしま」の2隻です。総トン数は「さんふらわあさつま」が12,415トン、「さんふらわあきりしま」は12,418トンです。旅客定員はともに782名で、車両搭載台数はトラック175台、乗用車140台です。

大阪から九州各地までの旅客運賃は、特等室であるデラックスで26,000円前後です。各種の乗船キャンペーンが展開されており、豪華な長距離フェリーの旅をお得な料金で利用することができます。