ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

フェリー会社「粟島汽船」の特徴



粟島(あわしま)汽船は、新潟県北部の沖に浮かぶ総面積は9.86平方キロメートルの粟島と本土を結ぶ重要な航路としての役割を果たしています。その粟島汽船を運営しているのは粟島汽船株式会社で、1953年5月1日に設立されました。ここでは、粟島汽船の特徴について紹介します。

粟島汽船の航路

粟島汽船の航路

粟島汽船の航路は、新潟県村上市にある岩船港と粟島港を結んだルートで、所用航行時間は、フェリーを利用すると約1時間30分、高速船を利用すると約55分です。

岩船港へのアクセスは、車の場合、日本海沿岸東北自動車道の神林岩船(かみはやしいわふね)港インターチェンジを降りて約5分です。また村上駅からは、岩船港までの乗り合いタクシーが運行されており、所要時間は20分で料金は700円です。粟島島内では、粟島汽船を利用して訪れる観光客のために、粟島浦村コミュニティバスを運行しています。料金は、県道ルートが大人200円、北周り観光ルートは大人500円です。

粟島汽船の船舶

粟島汽船の船舶は、「フェリーあわしま」と高速船の「awalineきらら」の2隻があります。

「フェリーあわしま」は、総トン数624トン、旅客定員は487名です。客室は、1等室と2等室があり、全面カーペット敷きになっており、ロビーなどもあります。

高速船の「awalineきらら」は、総トン数185トンで、旅客定員は170名です。日本海側で運航している高速船としては、日本で初めての双胴型高速船として2011年4月に就航しました。「シップ・オブ・ザ・イヤー2011」小型客船部門を受賞した船でもあります。船室は、船首にはソファ席、中央部にはエントランスがあり、前部中央客室には椅子席があります。また、遊歩甲板にも椅子席が設置されており、開放的な客室として利用されています。

粟島汽船の運賃

粟島汽船の運賃料金は、船の種類によって異なります。

高速船の利用は大人片道3,690円、小学生以下の小人は片道1,850円です。15名以上の団体割引では、大人1人あたり片道3,330円、小人1,670円になります。

フェリーの運賃料金は、1等客室では大人片道2,750円、小人は1,380円で、2等客室は、大人片道1,830円、小人は920円です。15名以上の団体割引では、1等客室は大人片道2,480円、小人1,240円で、2等客室は、大人片道1,650円、小人は830円となります。他に、手荷物料金が必要になる場合があり、高速船では手荷物3個、フェリーでは2個までが無料です。それ以上の手荷物には1個に付き手荷物料金が必要なため注意が必要です。