ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

フェリー会社
「四国フェリーグループ」の特徴



四国フェリーグループとは、四国フェリー株式会社と、小豆島急行フェリー株式会社のことです。香川県の高松港から岡山港、高松港から小豆島を経由して岡山港と姫路港を結ぶルートを運航しています。四国フェリー株式会社の設立は昭和31年2月16日で、小豆島急行フェリー株式会社の設立は昭和39年3月23日です。ここでは、四国フェリーグループの特徴について紹介します。

四国フェリーグループの運航航路

四国フェリーグループの運航航路

四国フェリーグループの運航航路は、四国の高松港を起点に、岡山県の宇野港までの航路と、小豆島の土庄(とのしょう)港へ航路があります。小豆島からは、土庄港から新岡山港への航路と、福田港から姫路港への航路を運航しています。高松港から宇野港までの航行距離は21km、航行時間は約60分です。高松港から土庄港までの航行距離は約22km、航行時間は約60分です。土庄港から新岡山港までの航行距離は約23.5km、航行時間は約70分です。小豆島の福田港から姫路港までの航行距離は約41km、航行時間は約100分です。短距離フェリーの定期航路の他に、高松港から土庄港まで高速船を運航しており、航行時間は約30分になります。

四国フェリーグループの船舶

四国フェリーグループの船舶は、「第三おりいぶ丸」「第二しょうどしま丸」「第八十七玉高丸」「おりいぶ丸」の短距離フェリーと、高速船「特急スーパーマリン」があります。「第三おりいぶ丸」は、姫路港から小豆島航路を航行しています。総トン数は1,275トンで旅客定員は490名です。

「第二しょうどしま丸」は、高松港から小豆島航路を航行しており、総トン数は994トンで、旅客定員は430名です。船内には、車椅子専用の昇降機などバリアフリー設備があります。

「第八十七玉高丸」は、高松港から宇野航路を航行しており、総トン数は853トンで、旅客定員は300名です。

「おりいぶ丸」は、岡山港から小豆島航路を航行しており、総トン数は988トンで、旅客定員は492名です。岡山と小豆島を結ぶ最大の短距離フェリーとして設備も充実しています。

乗船運賃は、それぞれの航路によって違います。高松港から宇野港までの旅客運賃は、大人片道670円です。車両の運航運賃は、軽自動車は片道2,480円、普通車は2,980円です。休日はこの料金から割引されています。

小豆島から姫路港までの旅客運賃は、大人片道1,480円です。車両運賃は車の長さによって違います。4m未満で7,180円、5m未満で8,970円です。四国フェリーのホームページには、お得に使える割引チケットがあります。プリントアウトして利用すると、運賃が10%割引されます。