ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

小樽運河



小樽運河は、北海道小樽市にある埋立て式運河です。多くの観光客が訪れる観光スポットとしても有名な小樽運河ですが、ここでは歴史や特徴について紹介します。

小樽運河開通の歴史

小樽運河開通の歴史

小樽港は、古くから海上輸送の玄関口として発展していました。当時は北海道の産物などを積み込んだ大型船が沖に停泊し、そこから艀(はしけ)を使って陸揚げしていました。艀(はしけ)とは、小型の船のことですが、次第に取り扱う物資の量が多くなり、海から直接倉庫に荷揚げできる水路が考えられました。その水路が小樽運河になります。

小樽運河の完成は、大正12年ですが、開通してからは艀が倉庫のすぐ近くに係留され、そこから人力で運び込まれるようになりました。小樽運河は、海岸を埋め立てて造られているため、海岸線に沿ってゆるやかな曲線を描いています。しかし、戦後になると小樽港の整備により、輸送手段としての小樽運河の役割は無用となりました。また、人力による荷揚げも衰退していくことになったため、その結果、一時は多くあった艀も次第に小樽港から姿を消していきました。

このようにして、運送手段の変化により、小樽運河はしばらく忘れ去られることになりました。放置された小樽運河の汚れや悪臭を懸念した小樽市は、1960年代に埋め立てて道路化することを検討しましたが、埋立てに対する反対運動が全国で起こり、全面の埋立てに関しては撤回しました。その後も小樽運河の土地利用については議論が行なわれ、並行して埋立ての反対運動は収まりませんでしたが、1983年に一部埋め立てを実行することになりました。その結果、小樽運河の一部をそのまま残し、道路と公園を整備した姿が現在の小樽運河です。かつて荷物の保管場所となっていたレンガ造りの倉庫はそのまま保存され、明治時代の建築物としての面影を残しています。このような小樽運河周辺の景観は、1996年に都市計画100選に選ばれました。

観光スポットとしての小樽運河

小樽運河の幅は、以前は40mもありましたが、埋立てによって半分の20mに縮小されました。しかし、小樽運河の北の部分は当時の40mのまま残され、運河の全長は1,140mにも上ります。岸の両側にはレトロなガス灯が設置されている他、かつて荷揚げの倉庫として使われていた建物は当時のまま残されており、観光客の人気を集めています。

倉庫の建物は、レストランやガラス工芸品などのお店として利用されています。このような変化とともに周辺も観光地として整備され、明治の良き時代を再現した街並みになっています。夜になると、小樽運河に映るガス灯の光が、ロマンチックな雰囲気を引き立て、建ち並ぶ倉庫群のライトアップの美しさは観光客の心を掴んでいます。