ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

コンテナ船



ここでは、コンテナ船について紹介します。コンテナ船は、規定化されているコンテナを運ぶための貨物船です。コンテナサイズは、45フィート、40フィート、20フィートの大きさに規格が定められていますが、積載する能力について、20フィートを基準にしたTEUの単位が採用され、国際基準化機構で定められています。

コンテナ船の種類と大きさの基準

コンテナ船の種類と大きさの基準

コンテナ船は、その積載方法や積む貨物によって種類が異なります。コンテナのみを積載するフル・コンテナ船と、コンテナ以外の荷物も積むセミ・コンテナ船の2種類です。コンテナ船の大きさは積載するコンテナの量によって違いがあり、積載能力の単位はTEUで表現され、1TEUは20フィートでコンテナ1個分に相当します。コンテナ船の積載能力が4,000TEUと表現されている場合は、20フィートコンテナを4,000個積載できる大きさということになります。コンテナのサイズの主流は、40フィートなので4,000TEUのコンテナ船には、2,000個のコンテナが積載できます。

コンテナ船で輸送する貨物について

コンテナ船で輸送する貨物は、工業製品や日用品、加工済みの食品、精密機器など様々です。半製品化された木材や金属インゴットなどの原材料など、ほとんどの物資を輸送することが可能です。これらの物資のことをドライカーゴと言い、冷凍食品なども専用の冷凍コンテナで輸送しています。

規格サイズのコンテナで輸送することで、積載スペースを有効に活用でき、一度に多くの物資を運ぶことが可能となります。輸送コスト面でも、費用の削減ができるのでコンテナ船での輸送は世界的に行なわれています。しかし、コンテナ船で運ぶことができないものもあります。石油などの液体やLPGなどの気体も専用のタンカーでなければ輸送することができませんし、短時間での輸送が求められる貨物や、ばら積みでしか運べない貨物なども該当します。鮮度を保つことが必要な食品や郵便物などは航空貨物として輸送されるように、コンテナ船で輸送する貨物は、輸送時間に余裕が持てるものに限られています。

コンテナ船の独特の設計

コンテナ船は、四角いコンテナを輸送する貨物船として、セル構造と呼ばれる独特の設計方法で造られています。海上を航行する際に船体が揺れることになりますが、セル構造は、その動揺に影響を受けないような設計になっています。コンテナの四隅に備えたセルガイドでコンテナを固定する構造は、積み下ろしの際の荷役作業も効率的に行なうことができます。