ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

貨物船とは



貨物船とは旅客定員が12名以下で、貨物を輸送することを目的とした船舶です。

種類の違いと特徴について

種類の違いと特徴について

貨物船には、その大きさや運搬方法によって様々な種類があります。ここでは主な貨物船の種類の違いと特徴について紹介します。

在来型貨物船

一般的な貨物船です。積み下ろしには多少の手間と時間がかかりますが、設備がシンプルなこともあって運賃は低価格となります。また、船倉部分に障害物などがないのが特徴で、特殊な形状の貨物の運搬には最適な構造です。

ロールオン・ロールオフ(RORO)貨物船

トレーラーなどの大型車両を積載することができる貨物船です。一般のフェリーと同じようにランプを備えており、車両は自力で走行して搭載することができます。このタイプの貨物船は、クレーンなどの設備のない港においても荷役が可能なので、貨物の輸送の有効な手段として活用されています。同じタイプの貨物船には、ロールオン・ロールオフ・コンテナ貨物船があります。

コンテナ船

コンテナ船は、貨物コンテナを運ぶ船舶のことで、海上輸送の手段として世界中で利用されています。コンテナ船には、フル・コンテナ船とセミ・コンテナ船、コンバルカーがあります。フル・コンテナ船は、コンテナのみを輸送する貨物船のことで、セミ・コンテナ船は、コンテナだけでなくコンテナ以外の一般貨物も積む貨物船です。コンバルカーは、コンテナ船と、ばら積み貨物船両方の機能を持つ船舶のことです。

重量物運搬船

重量があり一般の貨物船では運搬できない大型貨物などを輸送することができる貨物船です。重量貨物に耐えられるように設計されており、専用の設備も搭載されています。重量貨物運搬船は、LOLO(リフトオン・リフトオフ)方式、RORO方式、FOFO(フロートオン・フロートオフ:半潜水式)方式の船があります。

ばら積み貨物船

貨物をばら積みすることができる貨物船です。梱包できない穀物や鉱石などを専門に輸送する貨物船です。穀物を輸送する貨物船は「穀物運搬船」、鉱石をばら積みする貨物船は「鉱石運搬船」です。また、船倉を全開することができる貨物船は「オープンハッチ・バルカー」と呼ばれています。

タンカーの種類

貨物船の中でも、タンカーは液体などを輸送できる船舶として世界中を航行しています。タンカーの主な種類として、石油タンカーやケミカルタンカー、LPGタンカーがあります。いずれも総トン数が大きく、大量の資源を一度に輸送する手段として世界中で活用されています。

貨物船には様々な種類があります。時間はかかりますが、大量の貨物を一度に運搬することが可能であり、費用も低く抑えられるメリットがあります。