ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

船舶免許で操縦できる船の種類



船舶免許によって、操縦できる船とできない船が存在することをご存知でしょうか。目的にかなった船舶免許でなければ、せっかくの取得も無駄になってしまうのでよく確認するようにしましょう。ここでは、各船舶免許で運転できる船の種類を整理していきます。

船舶免許と船の種類

船舶免許と船の種類

船の大きさや、どこを航行するかによって、免許の種類が異なります。また、船主になって釣り船を運航する場合と、個人的に湖に出て釣りなどをする場合によっても、必要になる免許が異なるので、用途に合った免許を取得することが重要です。

免許の種類

実際に船舶免許を取得したのち、追加受験をすることで免許をステップアップすることも可能です。その際、実技試験は免除されますが、ステップアップしたいクラスの学科試験に合格する必要があります。実際の船舶免許の種類について紹介します。

一級小型船舶操縦士

20トン未満の船舶の船長になれる免許です。航行区域の制限がないので、遠くの島や外国へも航行できます。しかし100海里(185km)を超える場合は、6級海技士以上の資格を持った機関長が同乗する必要があります。

二級小型船舶操縦士

20トン未満の船舶の船長になれる免許です。ただし、航行可能なのは海岸から20海里以内(37km以内)の水域のみになります。この免許を取得することで、外洋でのトローリングなどを楽しむことができます。

三級小型船舶操縦士

20トン未満の船舶の船長になれる免許です。航行可能なのは、海岸から5海里(9km)以内の水域及び河川や湾内になります。航行できる区域が少ないため、作業船などの業務用に取得されることが多い免許です。

四級小型船舶操縦士

5トン未満の船舶の船長になれる免許です。海岸から5海里(9km)以内の水域や河川、湾内を航行することができます。

五級小型船舶操縦士

5トン未満の船舶の船長になれる免許です。湖川及び海岸から1海里(1.8km)以内の水域を航行することができます。

湖川小馬力五級小型船舶操縦士

5トン未満で推進機関の出力が10馬力未満の船舶の船長になれる免許です。ただし操縦できるのは、湖川及び指定海域に限られます。15歳9ヵ月より受験資格があります。

特殊小型船舶操縦士

水上オートバイを操縦する専用の小型船舶免許となっています。湖川小馬力五級小型船舶操縦士と同様に、15歳9ヵ月から受験が可能です。