ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

船舶免許の取り方



日本の国土は海に囲まれており、また、様々な湖や河川が存在しています。そのため、仕事だけでなく、釣りやレジャーなどにも利用できる船舶免許を取得するケースが増加しています。船舶免許には種類があり、船の大きさや操縦する場所によって、免許の種類が分類されています。ここでは小型船舶操縦士免許の取得方法を紹介します。

小型船舶操縦士免許の取得資格

小型船舶操縦士免許の取得資格

レジャーで船を出したいと思った場合に活躍するのが、小型船舶操縦士の免許です。人を乗せて運航する小型船舶の船長を目指す場合は、この小型船舶操縦士の免許に加えて「特定操縦免許」が必要になります。小型船舶操縦士の免許は、操縦する場所や船舶の種類によって、一級小型船舶操縦士と二級小型船舶操縦士、特殊船舶操縦士に分かれます。一級小型船舶操縦士と二級小型船舶操縦士の免許取得可能年齢は18歳以上に設定されていますが、水上オートバイを操縦するための特殊小型免許は16歳以上になっています。

小型船舶操縦士の免許の取得方法

免許を取得するためにはJMRA(日本海洋レジャー安全・振興協会)が実施している国家試験に合格する必要があります。取得するための勉強方法は、3つあります。

免許スクールコース

マリーナを運営している店舗やボートを販売している店舗などで、免許取得のスクールを実施しています。このようなスクールで講習を1~2日、実技を1~2日受講し、国家試験に合格すれば小型操縦士の船舶免許を取得することができます。講習日程や費用はそれぞれのスクールによって異なります。

登録小型船舶教習所コース

国土交通省に登録されている水産高校や民間の企業などに入校して、小型船舶操縦士の免許取得を目指すコースです。法律で定められた国家試験と同じ内容の修了試験に合格すれば、国家試験の学科試験と実技試験が免除される仕組みになっており、自動車免許の教習所と類似したシステムになっています。免許スクールコースよりも講習や実技の受講に時間が割かれています。

個人勉強で取得する

外部のスクールに通わず、独学で勉強することによって小型船舶免許を取得することも可能です。独学の場合、学科は参考書などで学習することが可能ですが、実技は、家族や友人、知人などにボート所有者がいて、かつ指導をしてくれる環境が必要です。その際に、実施訓練は国土交通省など関係機関への事前の届け出が必要になります。周囲に実施訓練をする環境がない場合は、実施訓練のみをスクールで受講することも可能です。