ご希望のフェリー[フェリー会社]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
フェリー[フェリー会社]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

フェリー情報

フェリーの歴史



ここでは、フェリーの歴史について紹介します。フェリーとは、旅客と自動車などを同時に載せることが可能な船のことで、独特の形をしており、大きさも様々です。

日本におけるフェリーの歴史

日本におけるフェリーの歴史

日本で初めてフェリーが航行したのは、1934年です。北九州の若松区と戸畑区を結ぶ、わずか600m程の距離で、車両と旅客を載せる船として運航しました。大きさとしては、最大で車両が6台程しか載せられない小型フェリーでした。

それ以降、1950年には「第三関門丸」「第四関門丸」「第五関門丸」が北九州で就航しました。運航距離は3.8kmで、下関と門司を結ぶ航路です。九州地域だけでなく、瀬戸内海でもフェリーの就航が続きました。1953年には宇野、高松間に「第一航走丸」が就航し、明石と淡路島の岩屋を結んで明石海峡を横断するフェリーも1954年に就航しました。この航路を走行するフェリーは明石フェリーとして親しまれています。

1960年代になると、国内の自動車保有台数の増加に伴い、フェリーの需要は一気に高まりました。中距離フェリーの就航が相次いだのもこの時期からです。車両を載せて移動できる手段として、フェリーは大きく注目され、1980年には全国で241航路のフェリーが航行していました。しかし、2000年代になると、本州と四国を結ぶ本州四国連絡橋の完成もあり、多くのフェリー航路が閉鎖されていきました。橋を使って移動することで、フェリーよりも短時間で目的地に到着できるためです。また、各地を結ぶ高速道路の割引制度もフェリー離れに拍車をかけました。フェリーでの移動は時間がかかるため、敬遠されるようになったのです。

長距離カーフェリーの登場

フェリーは、物資を各地に車で輸送する手段としても活用されました。1968年に、それまで陸上を走って移動していたトラックを載せる目的で、初の長距離カーフェリーが就航しました。神戸と九州を結ぶ航路は、輸送時間を短縮するとともに、乗っている間は休息がとれるためトラック運転手にも歓迎されました。さらに、1970年には北海道と福井の敦賀舞鶴を結ぶ航路も就航しました。長距離カーフェリーの登場前には、フェリーは海にかかる橋としての役割だけを求められていましたが、長距離カーフェリーにより長距離の輸送手段として改めて注目され、海のバイパスとしての役割を担うことになりました。また、観光客を対象とした長距離カーフェリーも就航し、海を走る豪華ホテルのような設備に人気が集まりました。現在では、フェリーは単なる移動手段ではなく、クルーズを目的とした観光船の役割を担っています。また、最近では国外に向けて航行する長距離カーフェリーも登場し、手軽に行ける海外旅行のひとつの手段として注目を集めています。